ドコモ光の評判まとめ

ドコモ光の評判は賛否両論ですね!ただ、ドコモ携帯の人にとってはドコモ光はおすすめのようです。以下、評判をまとめましたのでチェックしていきましょう。

①料金に関する評判

ドコモ光はフレッツなどの回線に比べて毎月の料金が安くなるという評判がある反面、プランが分かりにくく、契約するまで月々の支払いがいくらになるのか分かりにくいという評判もあります。

1.1安いという評判

ドコモ光は基本料金はホームタイプで5200円、マンションタイプで4000円くらいが目安になるので、フレッツよりも安いという評判は正しいものです。フレッツだとプロバイダー代も込みで6300円くらいが標準になりますから、ドコモ光が安いという評判になってるのは妥当だといえますね。

ですがそれだけだと他社の光コラボの回線と同じくらいの料金なので、ドコモ光だけが特別お得というわけではありません。安いという評判が多くなっているのは、やはりスマホとのセット割「光パック」が存在するからです。

こちらも評判通り割引額が複雑で分かりにくいのですが、ほとんどの人が500~2000円以内の割引額になります。一番利用者が多い5ギガのプランだと800円の割引。それより通信料が多いプランだと割引額も増えますし、逆に少ないプランだと500円くらいまで下がります。

ドコモ光自体がフレッツよりも1000円以上安いうえに、スマホの料金まで下がるので月々の支払いが一気に下がると評判になっているわけですね。

1.2分かりにくいという評判

とはいえ、プランが分かりにくいのは事実。ソフトバンク光やauひかりは単純で分かりやすいプランなので、ドコモだけ複雑になっている点は評判が悪いといわざるを得ません。

分かりにくいことで評判を下げているドコモ光ですが、きちんと整理してみれば意外とスッキリするものです。

料金プランはタイプAとタイプBがありますが、たったの200円差です。どちらのタイプになるかは、使うプロバイダーで決定します。ビッグローブやソネット、ぷららはタイプAに分類されます。当サイトがオススメしている「GMO」もタイプA。なぜGMOがオススメなのかは後でご説明しますね。
OCN、@nifty、@TcomなどはタイプBになります。タイプBが200円高いということだけ覚えておけば特に難しいことは無いですよね。表にすると複雑なので、分かりにくいという評判が多いんですけど、きちんと整理してみれば意外にわかりやすいものです。

②通信の速さに関する評判

通信の速さに関する評判は結構意見が割れているというのが正直なところです。ツイッターなどを見ても、早いと絶賛している人もいれば、遅さに関する悪い評判も見かけます。

ですが、ドコモはフレッツと同じNTTグループで、ドコモ光はフレッツの回線を使用しています。1ギガの通信の速さまで出せる光ファイバーなので、他社の回線よりも通信の速さが遅いということは基本的にありえません。(NURO光だけは2ギガ以上でるので、別ですが・・・)

通信の速さに関しての評判が分かれているのは、2つの原因があります。1つはプロバイダー、もう一つはWi-Fiルーターです。

2.1プロバイダーで通信の速さの評判が違う

正直いって、プロバイダーの中でも評判が良いところとそうでないところがあります。フレッツと同じ回線を使っているドコモ光は、フレッツで利用者が多いプロバイダーが混雑して通信の速さが遅くなる傾向があります。

つまりビッグローブやソネット・ぷらら・OCNなどです。フレッツを使っている人は昔から人気のこれらの会社を利用していることが多い。なので混雑が起きやすいんですね。ドコモ光の利用者もこれらの会社を使っている人が通信の速さに関する悪い評判を書き込んでいるケースが多いです。

なので、これら混雑が多いという割れている所を避けて選べば、通信の速さに不満を持つ可能性はかなり少なくなるということです。

2.2Wi-Fiルーター

通信の速さに関して悪い評判の書き込みを見てみると、大半の人がWi-Fiルーターのことを詳しく理解していないんですよね。ハッキリ言ってインターネットの通信速度は、Wi-Fiルーターでほとんど決まるといっても過言ではありません。

特にドコモ光のような1ギガの回線を使っている以上、ルーターはめちゃくちゃ重要です。レンタル品のルーターや1年半以上まえのものを使用している人は通信がかなり遅くなっています。あまり難しいことを知る必要はありませんが、「11n」と「11ac」という2つのタイプがあることだけを覚えておいてください。

「11n」は一世代前の古いルーターです。レンタルや1年半以上前のものを使っている人はほとんどがこれです。これは1ギガの回線が出る前から使われているルーターで、最大でも400Mbpsくらいしか出ない機種が大半です。つまり1ギガのドコモ光を繋いでも、400Mbpsの回線を使っていることと同じなんですね。環境によってはADSL並みの遅さになることもあるんです。悪い評判を言っている人は、このルーターを使ってるケースが多いんですね。

「11ac」というのは最新の機種で、高級なものだと1ギガ以上の速度も出せる機種があります。なので、ドコモ光の1ギガという通信量を全く落とすことなく、端末に届けることが出来るんですね。最近のネット回線は1ギガが主流になっていますから、ドコモ光に限らず光回線を使う時は「11ac」のルーターを購入することを頭に入れて置いてくださいね。

ただ「11ac」のルーターの問題は値段が高いということ。「11ac」の中でも性能が悪いものなら8000円くらいで買えますが、700Mbpsくらいしか出ません。理想を言えば13000円以上で1ギガ以上出せる機種を使いたいんですよね。

③2つの問題を1度に解決できるウラワザ

実はプロバイダーの問題と、Wi-Fiルーターの問題を1度に解決することが出来る裏ワザがあるんです。これはツイッターなどで評判を見ても知っている人はほとんどいないので、ぜひ覚えておいてくださいね。

そのウラワザは「GMOとくとくBB」経由でドコモ光に申込むという方法です。何がいいかというと、まず評判が悪いプロバイダーではなく、GMOを使うことになるということ。

そしてもう一つは、限定キャンペーンでbuffalo製の「11ac」の最新Wi-Fiルーターを無料でゲットできることです。これがなんと市販で買えば1万5千円の高級品なんですね。もちろん1ギガ以上速度が出るものです。

ドコモ光はどこから申し込んでもせいぜいキャッシュバックが5000円分のdポイントとかですから、そんな微々たるポイントを貰うなら、絶対このルーターをタダでゲットしたほうがお得です!

http://xn--navi-4l4cma0a7a4hb5dyevlpa6a3271j.xyz/
http://xn--web-rj4b3a5k3eqck4nb1i9132c.xyz/
http://xn--e-dfuzc3e189ppqza9x8d.xyz/
http://xn--jp-mg4anc6c7b9bzcxf1eohw280b.xyz/
http://xn--x-dfuzc3e189pq0q8e3f.xyz/